HoMEへ戻る                                                              平成22年11月02日
大槻中央地区福祉活動ニュース
  「社協大槻支部の活動をご紹介いたします。」
      「児童との交流会と食事会」楽しい一時を過ごしました。

 去る、11月02日 祉協大槻支部(支部長:磯倉岩夫)の福祉在宅祉サービス部会で、
は地域高齢者世帯(70歳以上)世帯を対象に手作りの乎弁当を自宅に届けるサー
ビスを展開いたしました。毎年春と秋にしている。支部員約30名が「秋の味覚」をテー
マに、大槻ふれあいセンターでお弁当の調理に取り組んだ。 新米の香りのキノコご飯
、サンマの滝田揚げ、カボチャの寒天など季節の新鮮な食材を使って全十二品を作っ
た。また食べやすいように具を細かくするなど、真心の行き届いた弁当に仕上げた。
出来上がった色鮮やかな弁当約四百六十食は、各地域の民児委員さんが後継者世
帯を訪問し直接手渡し、高齢者の方々から感謝の言葉をいただいたきました。

『春の香り』お弁当り風景写真です。【写真をクリックすると拡大写真を見ることが出ます。】




『春の香り』お弁当り風景写真です。





『春の香り』お弁当り風景写真です。













  「児童との交流会と食事会」楽しい一時を過ごしました。

Fu069 出来上がったお弁当 Fu070 配達前の確認をする民児委員 Fu071 真心お弁当料理概要 Fu072 早朝よりの委員の皆さんお食事--ご御苦労さまでした。

Fu073 早朝よりの委員の皆さん--ご御苦労さまでした。 Fu074 早朝よりの委員の皆さん--ご御苦労さまでした。 Fu075 早朝よりの委員の皆さん--ご御苦労さまでした。 Fu076 早朝よりの委員の皆さん--ご御苦労さまでした。


在宅福祉サービス部会の皆さん御苦労さまでした。
【委員の方には、前日の準備と2日間に渡りご苦労様でした。高齢者一同に変わり心よりお礼申し上げます。】
皆さん美味しかったでしょうか。次回は、春の香り「お弁当」が計画されております、お楽しみにお待ち下さい。