TOPへ戻る                                                                             平成27年9月18日    NO―4(臨時号)
大槻中央地区ニュース
  おらが町から全国の会長に
                      鈴木光二氏『全国自治会連合会会長』に
 昭和16年9月に郡山市大槻に生まれ、永年に亘り鈴木農場の経営者として奮闘された鈴木
光二氏、平成6月4月大槻町御花畑町内会会長に選出されました。
 平成22年6月全国自治会連合会副会長に就任され、平成27年6月全国自治会連合会第十
代会長に就任されました。副会長就任からわずか5年で全国自治会連合会のトップ就任です。
短期間の中でも平成2310月には全国自治会連合会全国大会・福島県郡山大会を、「被災
地の復旧復興の一助」・「未来に誇れる地域社会の創造」を目的に開催されたことと、北海道と
東北が一つの地域として活動していた組織を、より地域に密着した活動が出来るようにとそれ
ぞれが自主性を持てる二つの地域に分け全国を6ブロックの組織変更を行いました。
 全国的な組織の長は、郡山市で「全世界医師会長坪井病院 坪井栄孝名與理事長&全国農業協同組合中央会 佐藤善春会長」と今回の鈴木
光二全国自治会連合会会長就任で3名となり、品川郡山市長は郡山市にとっても大きな名誉でありと誇れる出来事と話されていました。
 平成27年9月18日に鈴木光二氏の全国自治会連合会会長の就任祝賀会が、各地の議員様を始め郡山地区の町内会・保護司会・消防団・知人等
の273名が参加され、挙行されました。
鈴木氏は挨拶の中で、私は常に「人と人が助け合いの精神をもって各組織の運営にあたらなければいけない」が持論で、皆様に支えられつつ住んで
良かったと思える町づくりの為、今日まで頑張ることが出来ました。今回この大役を引き受けたのは、あの未曾有の大震災と原発事故の経験を全国に
発して行くことが、心温まる皆様からの支援への恩返しと考えたからでありますと、述べておられました。
古希を過ぎても、様々な活動を通じて社会勉強をさせてもらっている、忙しいことが元気の秘訣と年齢を感じさせない元気で溢れていました。

尚今までに数知れない多くの表彰歴がありますが、それらはインターネツトニュース「ひろば おおつき…➀大槻町あの人この人―鈴木光二氏」と

鈴木光二氏『瑞宝双光章』受賞祝賀会報告」を併せ参照下さい。
鈴木光二氏・和子ご夫妻 鈴木光二氏・和子ご夫妻と発起人の皆さん

 鈴木光二氏・和子ご夫妻  発揮人挨拶 郡山市自治会連合会宗像金三副会長  来賓挨拶 品川萬里郡山市長  来賓挨拶福島県自治会連合会大橋寛一顧問

 来賓挨拶 根本匠衆議委員議員代理 鈴木優樹様  来賓挨拶 増子輝彦参議院義員代理 斉藤真生様  記念品贈呈 宗像金三発起人代表  花束贈呈 会津、羽染会長・須賀川、大澤各連合会長・

 花束贈呈お孫代表鈴木智培様  お礼の言葉 鈴木光二氏・和子ご夫妻

 祝舞 郡山地区保護司会   古川和子様

 鏡 開 き

鏡 開 き 乾杯 郡山市市議会今村剛司議長                    乾 杯

 会会の言葉 郡山市自治会連合会松崎昭副会長  進行 郡山市中央町内会連合会久保田義雄事務局長  発起人の皆さん  鈴木光二氏・和子ご夫妻

 鈴木光二氏・和子ご夫妻  来賓各位様  万歳三唱 白河自治会連合会伊藤満会長   万 歳 三 唱

 万 歳 三 唱   万 歳 三 唱 閉会のの言葉 郡山中央町内会 連合会坂本大副会長 鈴木光二氏・和子ご夫妻

鈴木光二氏・和子ご夫妻  郡山中央町内会 連合会坂本大副会長 鈴木光二氏・和子ご夫妻 参加者会場風景





 


 日頃の活動ご苦労さまです。今後ともお体に気を付けご活躍される事を心よりお祈りいたしております。-----管理者より