HoMEへ戻る 宗方凌玖くんへ  常松 朋子さんへ 遠藤 嘉くん 平成24年1月14日
          意 見 発 表 会         大槻小学校 6年  星 野 楓 佳 さ ん 
              
    「いじめについて考える」
          【写真をクリックすると拡大写真が見られます。】
 私は、いじめられたこともいじめたこともありません。だけど、テレビや新
聞ではいじめられた人が、自殺したとか聞きます。こういうニュースを聞いた
とき、私は悲しい気持ちになります。だから私は、いじめは絶対しちゃいけな
いと思います。いじめで死んでしまう子は、いじめがだんだんエスカレートし
て、死まで追いつめられ、私の命なんて必要ないんだと思って死んでしまうん
だと思います。だけど、この世に必要のない命なんてひとつもありません。
せっかく親が一生けんめい育ててくれた命だからです。国語の学習で「生き物
はつながりの中に」という文章で『あなたは、今日もあなたであり、明日もあな
たであり続ける、たった一つのかけがえのない存在です。』と書いてありました
。この言葉から私は、自分の命の大切さを知りました。そして、自分自身のこと
が大切であるように、他の人も大切であるという気持ちになりました。
 校長先生が全校朝会で--------「いじめは人間として最低な行いです。」と良
くお話してくださいます。だからいじは絶対、絶対しちゃいけないと思います。
いじめられている人は、心に深い傷をおっているけど、其の傷は人の目には見え
ません。もしかすると、その傷を一生ひきずって生きていくかもしれません。いじめている側の人、いじめられている
人の気持ちを、考えていないと思います。私は、いじめをなくすためには、まずいじめられている人の気持ちを考えるこ
とが大事だと思います。いじめている人を見たらちゃんとこわがらず注意することも大事です。人はだれでも、たったか
けがえない存在です。自分と同じように他の人も大切に思って、生きていきたいと思います。

鈴木実行委員長よりのお言葉 ちょっと緊張している皆さん 発表も終わりホットしている皆さん 関係者の皆さんと記念写真


【会場風景】
大槻のシンボル・「槻の木」
   由来 : 古来「槻」・「槻木」と称さ れてきたが、今日で
 は、一般に「欅」(けやき)と呼ばれている
ご苦労さまでした。 楓佳さんはとても心のやさしい方であることが文面から良くわかります。 また、今後とも相手の気持ちになって考えられるような
広い心の持ち主で過ごして戴けることをお願致します。