ToPへ戻る 大槻町  「あの人---!!  この人---!! No-05

a
a   住み良いまちづくりのために、多くの人々が工夫を凝らし活動されていることでしよう。 そのためには『絆づくり』が a a
 重要であると言われています。

絆=断つことの出来ない人と人との結びつき=家族や友人など人と人を離れづらくしている結びつき、とあります。

 人間関係をよりスムーズに推進するには何よりも相手を知ることが重要ですが、それとともに自分自身の情報を積極
 的に発信し、相互理解を深めることも必要でしよう。  その一方法として地域の人にスポットを当てた情報として、大
 槻町「あの人!! この人!!」の特集を再開始しました。  
一読いただきご意見を頂きたいことと、取り組んで欲しい人がおりましたらご連絡をお願いします。
a 大槻シンボル  『槻の木』


安積甚句の普及と伝承の達人“伊藤喜四郎さん”


伊 藤 喜 四 郎 さん、とはどんな人……
住 所  963-0201 郡山市大槻町下町61番地18番地
Tel  024-951-1694
年 齢  昭和11年 月 日(85才)
職 業  大槻町下町で家具製造業を営みながら、安積甚句の普及と伝承に尽力されている伊藤
 喜四郎さんの活動状況をご紹介いたします。


 Q .安積甚句について教えてください。 ------!!

 A .郡山市の西部地区で伝承的に歌いつがれている民謡があります。 ------!!

  いつ頃から謡われていたのかは不明ですが、私は先輩の《多田桂禅さん》から引き継ぎました。 歌詞からも分かるように、この地区の景
 色が織り込まれているのが特徴であり、地区ごとにバリエーションが豊富で会場ごとに歌詞も違います。盆踊りに参加している人に聞きまし
 たが、ほとんどの人が安積甚句を聴いて育ったとの返事でした。生活の中にしみ込んでいる様子が伺えました。



 Q . どのような普及活動をしているのですか ------!!

  A .地域の夏祭りで、安積甚句の歌と笛の演奏を担当しています。 ------!!
  郡山市西部地区の 地域の夏祭りで、安積甚句の歌と笛の演奏を担当しています。 @おおつき夏まつり A特別養護老人ホーム
 「おおつき」夏まつり B静町夏まつり C大槻中央幼稚園夏 まつり D桑野地区夏まつりの5会場で毎年演奏しています。

*** おおつき夏祭り *** *** 特別養護老人ホームおおつき *** *** 静町夏祭り ***

*** 共に演じる太鼓のメンバー *** *** 共に演じる太鼓のメンバー *** *** 共に演じる太鼓のメンバー ***



 Q .  安積甚句民謡教室を開いているそうですが。 ------!!

 A .これも普及活動の一つですが安積甚句を若い人々に理解していただき、歌い続いてほしいと郡山市市立大槻小学校3・4年生対象
      に教室を開いています。2017年より開始しました。

講習中の喜四郎さん・妻 ともこさん・長男広和さん

 教室とは違いますが、前述した静町夏祭りでは子供と大人の部に分かれて踊りますが、子供の部の太鼓は地区の子供たちが演奏しています。
 3時間ほどの手ほどきで演奏できるようになります。
 毎年演奏者が変わりますので、これも伝承の一方法と考えています。

櫓の上で太鼓をたたく子供たち櫓の上で太鼓をたたく子供たち




 Q .笛の他に演奏している楽器を教えてください。 ------!!

 A .夏祭では笛(しの笛)や鉦が中心ですが、その他に尺八や太鼓も得意です。 ------!!

  巻頭の写真のように、平成8年1月に(財)日本民謡協会桂山流二代目多田桂山先生より、尺八の認定教授免状をいただきました。
 尺八を教えることに留まらず、材料探しから完成までも手掛けています。材料の竹は地元では入手できないので、いわきまで出かけ竹林を探し
 最良の竹を選んで乾燥させ手造りしています。
 尺八づくりで一番難しいのは調律ですが、長さに合わせた調律表まで作り上げました。 歌口も水牛の角を削り出し自作しています。
 それにとどまらずに漆塗りも手掛けています。 下地に赤漆を塗りその上に黒漆を塗り、磨きだし独特の色合いで作りました。

***** 手作りの飾り棚     水牛の角     漆塗りの尺八    乾燥した真竹 *****


 Q . 安積甚句愛好会を結成したそうですが。 ------!!

 A .毎年7月おおつき夏まつりを前に、大槻公民館で笛の講習会を開いてました。
  夏祭り終了とともに解散していましたが、もっともっとうまくなりたいとの要望があ り、2016年8月に安積甚句愛好会が結成されました。
  30〜70才代の10人が笛・尺八・太鼓を月2回練習しています。 



 Q . 福島県県民運動知事感謝状を受賞したそうですが。 ------!!

 A .県は平成21年に地域社会発展のために尽力した人を表彰する、県民運動知事感謝制度を新設し第1回として個人4人と14団体を表彰しま
     した。伊藤さんは保護司及び夜間パトロール等が認められ表彰されました。


 Q . 家具製造となっていますが、大きな特徴は何ですか。  ------!!

 A .タンスや一般的な家具も製造しておりますが、彫り物の多い仏壇も製造しています。立体的な彫刻ものが得意で、ケヤキ材を彫だしその上に
    金箔張りもします。 建具屋さんでも難しくなり作り手の少なくなった「千本腰障子」を4本作りました。

仏   壇 タ ン ス 太鼓づくり風景
金箔を貼った鳳凰 太鼓の製造工程中 千本腰障子 タ ン ス


 Q . 地域活動など資料ありましたら、拝見させて下さい。 ------!!

 A .下記の様な機関誌などで「安積甚句」保存活動など紹介されております。
  


地域の文化保存と世の事故、防犯未然防止と各方面にご尽力頂き有難う御座いま。よって今の様な大槻町が有るような気がします。
今後ともお体に気を付け宜しくお願い致します。